ITパスポート平成31年春期 問19

問19

RPA(Robotic Process Automation)に関する記述として,最も適切なものはどれか。
  • ホワイトカラーの定型的な事務作業を,ソフトウェアで実現されたロボットに代替させることによって,自動化や効率化を図る。
  • システムの利用者が,主体的にシステム管理や運用を行うことによって,利用者のITリテラシの向上や,システムベンダへの依存の軽減などを実現する。
  • 組立てや搬送などにハードウェアのロボットを用いることによって,工場の生産活動の自動化を実現する。
  • 企業の一部の業務を外部の組織に委託することによって,自社のリソースを重要な領域に集中したり,コストの最適化や業務の高効率化などを実現したりする。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

RPA(Robotic Process Automation)は、これまで人間が行ってきた定型的なパソコン操作を、コンピュータ上で動作するソフトウェアのロボットにより自動化するものです。具体的には、ユーザ・インターフェース上の操作を認識する技術とワークフロー実行を組み合わせ、表計算ソフトやメールソフト、ERP(基幹業務システム)など複数のアプリケーションを使用する一連の業務プロセスをオートメーション化します。主に間接部門の業務を効率化するために使用されます。
日本の生産労働人口が減少局面にあるなか、従来より少ない人数で生産力を高めるための手段として注目を集めています。
  • 正しい。RPAの説明です。
  • EUC(End User Computing)の説明です。
  • RPAはソフトウェアの機能によって事務作業の自動化を行う仕組みです。工場で動くハードウェアロボットはRPAの範疇に含まれません。
  • BPO(Business Process Outsourcing)の説明です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop