ITパスポート平成31年春期 問21

問21

コーポレートブランドを高める目的として,最も適切なものはどれか。
  • 企業が有する独自のスキルや技術に基づいて,競合他社では提供が不可能な価値を顧客にもたらすことである。
  • 企業名などから製品やサービスの品質イメージを連想させることで競争優位性をもたらすことである。
  • 経営者や企業が社会に対して,企業の普遍的な価値観,企業活動の基本的な考え方を公表して,ステークホルダの共感を得ることである。
  • 流通業者の主導権のもとで製造業者などと連携して開発し,生産される独自ブランドの商品を低価格で販売することである。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論

正解

解説

コーポレートブランドとは、ステークホルダが企業に対して抱くイメージや信頼度から得られる、その企業がもつブランド力のことです。

コーポレートブランドは目に見えない無形資産ですが、企業価値に多くの価値を与えると認識されています。コーポレートブランドを高める目的で行われる戦略を「コーポレートブランディング戦略」といい、市場と競争優位性の確立、顧客の満足感・信頼性向上、従業員の求心力向上などの様々なメリットを期待できます。
  • コアコンピタンス経営の目的です。
  • 正しい。コーポレートブランドを高める目的です。
  • CSR活動の目的です。
  • プライベートブランド戦略の目的です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop