ITパスポート平成31年春期 問23

問23

プロの棋士に勝利するまでに将棋ソフトウェアの能力が向上した。この将棋ソフトウェアの能力向上の中核となった技術として,最も適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム

正解

解説

AI(Artificial Intelligence)とは、人工知能のことで、言語理解、推論、問題解決などの人間の知能による活動を人間に代わって行うシステムのことです。

将棋のプロ棋士と将棋ソフトウェアの対局である「電王戦」で、5年間で将棋ソフトウェアが4回勝ち越したり、囲碁ではグーグル系企業が開発した「アルファゼロ」が韓国の世界最強の棋士を圧倒したりするなど、チェス、将棋、囲碁といったボードゲームにおいては、もはやコンピュータは人間を凌駕する存在になっています。
これらのソフトウェアの能力向上に用いられているのがAI及びディープラーニングです。具体的には、何十万の棋譜の学習や、自分自身との対局を何十万回も繰り返すことで、未知のデータに対しても最適解を導くパラメタをシステム自身に学習させます。
  • Virtual Realityの略。「仮想現実」と訳され、コンピュータなどによって作り出された世界をコンピュータグラフィックスなどを利用してユーザに体験させる技術です。
  • IT関連でERといえば、E-R図(実体関連図)です。E-R図はデータモデリングで使う図法です。
  • Electronic Commerceの略。コンピュータネットワークを介して行われる電子商取引のことです。
  • 正しい。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop