ITパスポート平成31年春期 問8

問8

自社のWebサイトのコンテンツのバージョン管理や公開に労力が割かれている。それを改善するために導入するシステムとして,適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

CMS(Content Management System)は、Webコンテンツを構成するテキストや画像などのディジタルコンテンツを統合・体系的に管理し、配信など必要な処理を行うシステムの総称です。HTMLやCSSの技術的な知識がなくても、テキストや、画像等のコンテンツを用意できれば、ウェブによる情報発信を行えるように工夫されています。
多くのCMSにはコンテンツ配信機能の他に、ワークフロー管理やバージョン管理などの機能が備わっており、Webサイトの運用にかかわる労力を削減するのに有効なシステムとなっています。

代表的なものとして、ブログシステムを構築するWordPress、コミュニティサイトを構築するXOOPS、電子商取引向けのEC-CUBE、教育・授業用のMoodleなどがあります。世界中のWebサイトのうち約半数がCMSを使って運用されているというデータもあり、2019年現在では非常にメジャーな存在です。
  • Computer Aided Designの略。コンピュータ支援設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて画面上で設計作業をすること、またはその設計システムのことです。
  • 正しい。
  • Customer Relationship Managementの略。顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、顧客との長期的で良好な関係を企業活動に役立てる経営手法です。
  • Sales Force Automationの略。営業活動にモバイル技術やインターネット技術といったITを活用して、営業の質と効率を高め売上や利益の増加につなげようとする仕組みです。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop