ITパスポート平成31年春期 問83

問83

PoEの説明として,適切なものはどれか。
  • LANケーブルを使って電力供給する技術であり,電源コンセントがない場所に無線LANのアクセスポイントを設置する場合などで利用される。
  • 既設の電気配線を利用してLANを構築できる技術であり,新たにLANケーブルを敷設しなくてもよい。
  • グローバルアドレスとプライベートアドレスを自動的に変換して転送する技術であり,社内LANとインターネットとの境界部で使われる。
  • 通信速度や通信モードを自動判別する技術であり,異なるイーサネット規格が混在しているLAN環境で,ネットワーク機器の最適な通信設定を自動的に行える。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

PoE(Power over Ethernet)は、イーサネットのLANケーブルを通じて電力を供給する技術です。屋外に設置されるネットワークカメラや、天井や壁に設置される無線LANアクセスポイントのように、電源コンセントがない又は電源配線が難しい場合に利用されます。利用にはPoEに対応した機器が必要です。
  • 正しい。PoEの説明です。
  • PLC(Power Line Communication,電力線通信)の説明です。
  • NAT(Network Address Translation)の説明です。
  • オートネゴシエーションの説明です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop