ITパスポート 平成21年秋期 問84

問84

関係データベースの主キーに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 関係データベースの各表は,主キーだけで関係付けられる。
  • 主キーとして指定した項目は,NULLを属性値としてもつことができる。
  • 一つの表において,主キーとして指定した項目の値に同一のものがあってもよい。
  • 一つの表において,複数の項目を組み合わせて主キーとしてもよい。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

  • 関係データベースの各表は,主キー及び外部表の主キーを参照する外部キーの両者によって関連つけられます。
  • 主キー列の項目には、NULL(空要素)であってはならないという制約(NOT NULL制約)があります。
  • 主キー列の項目には、同じ列中の値の中で一意でなくてはならないという制約(UNIQUE制約)があります。
  • 正しい。複数の列の値の組合せを主キーとすることがあります。(複合キー)
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop