ITパスポート令和元年秋期 問21

問21

ディープラーニングに関する記述として,最も適切なものはどれか。

  • 営業,マーケティング,アフタサービスなどの顧客に関わる部門間で情報や業務の流れを統合する仕組み
  • コンピュータなどのディジタル機器,通信ネットワークを利用して実施される教育,学習,研修の形態
  • 組織内の各個人がもつ知識やノウハウを組織全体で共有し,有効活用する仕組み
  • 大量のデータを人間の脳神経回路を模したモデルで解析することによって,コンピュータ自体がデータの特徴を抽出,学習する技術

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム

正解

解説

ディープラーニング(Deep Learning)は、人間や動物の脳神経をモデル化したアルゴリズム(ニューラルネットワーク)を多層化したものを用意し、それに「十分な量のデータを与えることで、人間の力なしに自動的に特徴点やパターンを学習させる」ことをいいます。人工知能分野における要素技術の1つで、深層学習とも呼ばれます。従来の機械学習と異なり、中間層の多層化によって複雑なパターンの表現と計算を可能にしていることが特徴です。

大雑把に言ってしまえば、ディープラーニングはコンピュータに対する学習のさせ方の一種です。この技術の登場により、従来と比較して飛躍的に人工知能の性能が上昇したと言われています。
  • CRMシステムの説明です。
  • EdTechやe-ラーニングの説明です。
  • ナレッジマネジメントの説明です。
  • 正しい。ディープラーニングの説明です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop