ITパスポート令和元年秋期 問22

問22

人工知能の活用事例として,最も適切なものはどれか。

  • 運転手が関与せずに,自動車の加速,操縦,制動の全てをシステムが行う。
  • オフィスの自席にいながら,会議室やトイレの空き状況がリアルタイムに分かる。
  • 銀行のような中央管理者を置かなくても,分散型の合意形成技術によって,取引の承認を行う。
  • 自宅のPCから事前に入力し,窓口に行かなくても自動で振替や振込を行う。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム

正解

解説

人工知能(AI)は、人間の脳が司る知性・知能をコンピュータシステム上に構築したものです。究極的に言えば「人間のように考えるコンピュータ」と捉えられます。人間の脳が持つ認知・判断などの知的振る舞いを人工的な仕組みでシミュレートし、そのシステムを様々な分野に利活用することを目指す研究分野です。
以前からこの研究分野は存在しましたが、ディープラーニングの登場により実用レベルの高精度の人工知能をつくる方法が確立されつつあります。今後さまざまな分野で実用化されていくことでしょう。

人工知能の特徴として、与えられた情報をもとにシステムが最適な解を自動で導くことが挙げられます。自動車の自動運転では、車両に付けられたカメラやセンサ類から画像情報・音声情報を取得し、車両の運行状況・位置情報などを踏まえて現在の車両の置かれた状況を判断します。その上で、今後起こり得る状況を予測し、安全を保つために最適な車両の制御を行います。このように、自動運転ではシステムが時と場合を識別し、最適な判断を行うので人工知能の活用事例となります。
  • 正しい。人口知能の活用事例です。
  • IoTの活用事例です。
  • ブロックチェーンの活用事例です。
  • インターネットバンキングの活用事例です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop