ITパスポート令和元年秋期 問32

問32

一般消費者向けの製品を製造しているA社では,新製品の開発に当たって,市場を取り巻くマクロ環境を政治,経済,社会,技術の観点について分析することにした。このときに収集すべき情報として,最も適切なものはどれか。

  • 競合企業の経営戦略
  • 競合企業の財務状況
  • 主要仕入先の原材料価格
  • 我が国の高齢化率

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » マーケティング

正解

解説

本問では「マクロ環境」からの分析ということがポイントとなります。

マクロ環境とは、組織の外部環境のうちコントロールできない業界外の環境のことをいいます。大まかに言えば、政治経済や社会情勢などの世の中の動きのことです。逆にミクロ環境とは、自社業界内や競合関係など一定のコントロールが可能な領域を示します。

選択肢のうち、「我が国の高齢化率」は社会情勢であり組織によるコントロールが不可能なのでマクロ環境に分類されます。その他の競合企業や取引先はミクロ環境に分類されます。

したがって「エ」が正解です。

本問の記述にあるようにマクロ環境を、政治(Politics)、経済(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)の4側面から分析する手法をPEST分析といいます。
32.gif/image-size:416×232
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop