ITパスポート令和元年秋期 問35

問35

持続可能な世界を実現するために国連が採択した,2030年までに達成されるべき開発目標を示す言葉として,最も適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 標準化関連

正解

解説

SDGs(Sustainable Development Goals,エスディージーズ)は、持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、2030年を年限とする17の国際目標のことです。前身となるMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として2015年9月の国連サミットで採択されました。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、「地球上の誰一人として取り残さない」ことをスローガンにしています。
35.gif/image-size:550×360
SDGsは世界全体で取り組むべき課題であり、目標17「パートナーシップにより目標を達成しよう」で示されているように、目標達成に向けて、政府、民間企業、市民団体、国際機関等が力を合わせることが要請されています。民間企業においてもSDGsへの関与を積極的に掲げたり、パートナー企業にもSDGsへの取り組みを求めたりする動きが広がり始めています。また消費者の間にも、環境保護に積極的に取り組む企業の商品を優先的に購入したり、SDGsに反する活動を行う企業を忌避したりする「エシカル(倫理的)消費」の機運が高まってきています。身近な例で言うと、外食産業で世界的にプラスティック製のストローの提供をやめる動きが広がっているのにもSDGs的な意味合いがあります。

したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。
  • Software Development Kitの略でソフトウェア開発キットのこと。開発者が特定のシステムに対応したソフトウェアを作成できるように、プログラム群や技術文書などの開発ツールをワンセットにしたものです。
  • Selling and Generally Administrative expensesの略。損益計算において使用される販売費及び一般管理費の略称です。
  • Standard Generalized Markup Languageの略。文書を電子的に変換するための汎用マークアップ言語で、文書の中にタグを埋め込んで、書体や文字の大きさ、段落などを記述することができます。
© 2009-2020 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop