ITパスポート令和元年秋期 問60

問60

コンピュータの記憶階層におけるキャッシュメモリ,主記憶及び補助記憶と,それぞれに用いられる記憶装置の組合せとして,適切なものはどれか。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

下表はキャッシュメモリ、主記憶及び補助記憶を比較したものです。
60a.gif/image-size:495×181
キャッシュメモリ
CPUと主記憶の速度差を埋めるために搭載される記憶装置で、SRAM(Static RAM)が用いられています。
主記憶
CPUが直接読み書きするために実行するプログラムやデータを記憶する装置で、DRAM(Dynamic RAM)が用いられています。
補助記憶
主記憶以外の記憶装置のうち、主にコンピュータに常時接続される大容量の記憶装置をいい、磁気ディスクのHDD(Hard Disk Drive)や半導体メモリのSSD(Solid State Drive)が用いられています。
したがって、キャッシュメモリ=SRAM、主記憶=DRAM、補助記憶=SSD となる「ウ」の組合せが適切です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop