ITパスポート令和元年秋期 問77

問77

無線LANに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • アクセスポイントの不正利用対策が必要である。
  • 暗号化の規格はWPA2に限定されている。
  • 端末とアクセスポイント間の距離に関係なく通信できる。
  • 無線LANの規格は複数あるが,全て相互に通信できる。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

  • 正しい。無線の電波はアクセスポイントの周囲に発信されているため、例えば家庭内に設置しているアクセスポイントに屋外からアクセスされ、タダ乗りされてしまったり、同じ無線LAN内の端末にアクセスされてしまったりする恐れもあります。被害を防止するためには、パスワードや適切な暗号方式の設定、ANY接続拒否、MACアドレスフィルタリング、ビーコン停止などのセキュリティ対策をアクセスポイントに施す必要があります。
  • WPA2の他にも、WEP、WPA、WPA3などの暗号化規格を利用できます。ただし、WEP、WPAについては脆弱性があり容易に解読されてしまうので利用してはいけません。
  • 無線LANの通信可能範囲は直線距離で約100m程度です。それ以上離れると端末とアクセスポイントは通信できません。
  • 無線LANの規格であるIEEE802.11シリーズには、a、b、g、n、ac、axなどの規格がありますが、以下のように全て相互に通信できるわけではありません。
    77.gif/image-size:272×186
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop