ITパスポート令和2年秋期 問53

問53

プロジェクトのゴールなどを検討するに当たり,集団でアイディアを出し合った結果をグループ分けして体系的に整理する手法はどれか。

  • インタビュー
  • 親和図法
  • ブレーンストーミング
  • プロトタイプ

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

親和図法は、あるテーマに基づいて集めたデータを相互の関連によってグループ化することで項目を整理する手法です。複雑に絡み合った問題や、まとまっていない意見、アイディアなどを整理し、まとめるために用いられます。ブレーンストーミングで収集した様々な意見を整理するためにも使用されます。
53.gif/image-size:380×162
  • インタビューは、関係者に口頭で問い合わせ回答を入手する方法です。
  • 正しい。親和図法は、幾つかある情報を似ているものでグループ化した図です。KJ法とも呼ばれます。
  • ブレーンストーミングは、様々なアイデアを広く集めるために行われる討議方法です。参加者が遠慮せずにいろいろな意見を発言できるように、批判の禁止・自由奔放・質より量・結合・便乗歓迎というルールに則って行われます。
  • プロトタイプは、開発の初期段階で、利用者の要求する仕様との整合性を確認したり、問題を洗い出したりするなどのために作成される簡易的な試作品です。
© 2009-2020 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop