ITパスポート令和2年秋期 問62

問62

10進数155を2進数で表したものはどれか。

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

10進数から2進数に変換するには、2で割ること繰り返す方法が簡便です。この方法では、商が0になるまで2の割り算を繰り返して、余りを下から順に並べます。
62_1.gif/image-size:309×222
この方法を使うと、10進数155は2進数では10011011になります。したがって「ア」が正解です。

【別解】
2進数各桁と10進数の対応を踏まえて、選択肢の各2進数を10進数に変換する方法でも答えを導けます。
62_2.gif/image-size:433×106
  • 正しい。128+16+8+2+1=155
  • 128+32+16+2+1=179
  • 128+64+8+4+1=205
  • 128+64+16+8+1=217
© 2009-2020 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop