ITパスポート令和2年秋期 問96

問96

OSS(Open Source Software)に関する記述として,適切なものはどれか。
  • 製品によっては,企業の社員が業務として開発に参加している。
  • ソースコードだけが公開されており,実行形式での配布は禁じられている。
  • どの製品も,ISOで定められたオープンソースライセンスによって同じ条件で提供されている。
  • ビジネス用途での利用は禁じられている。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オープンソースソフトウェア

正解

解説

  • 正しい。企業が業務の一環として開発に参加しているOSSも多数あります。例えば、MicrosoftがLinuxの開発に参加していたり、オラクルがMySQLの開発を行っているなどです。
  • 実行形式(コンパイル済形式)による配布も許可されています。ただし、ソースコードを同梱するか、インターネット経由等の簡単な方法でソースコードを入手できるようにしておくことが必要です。
  • GPL、GNU、BSD、Apache License、MITなど多数のライセンス形態があり、それぞれが独自に利用条件を定めています。
  • 利用する分野は制限されていません。ライセンスの下に企業で利用することもできます。
© 2009-2020 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop