ITパスポート令和3年春期 問19

問19

ビッグデータの分析に関する記述として,最も適切なものはどれか。

  • 大量のデータから未知の状況を予測するためには,統計学的な分析手法に加え,機械学習を用いた分析も有効である。
  • テキストデータ以外の,動画や画像,音声データは,分析の対象として扱うことができない。
  • 電子掲示板のコメントやSNSのメッセージ,Webサイトの検索履歴など,人間の発信する情報だけが,人間の行動を分析することに用いられる。
  • ブログの書き込みのような,分析されることを前提としていないデータについては,分析の目的にかかわらず,対象から除外する。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム

正解

解説

ビッグデータとは、典型的なデータベースソフトウェアが把握し、蓄積し、運用し、分析できる能力を超えたサイズのデータを指す言葉で、一般的には数十テラバイトから数ペタバイトのデータがビッグデータとして扱われます。今まではデータ処理ができずに放っておかれていた多種多様なディジタルデータを活用し、事業に役立つ知見を導出する動きがトレンドになっています。

ビッグデータが持つ特性として「3つのV」があります。
Volume … データ容量
膨大なデータ量
Variety … データの多様性
テキスト、画像、音声といった多様な種類・形式のデータを含む
Velocity … データ生成速度・頻度
リアルタイムで収集できるデータ・秒単位など高頻度のデータ
ビッグデータの例としては、1日に何億回も発生するSNSへの投稿、インターネット検索データ、センサネットワークで取得されるデータなどがあります。
  • 正しい。膨大な量のデータを処理するので、AI等の機械学習を用いた分析も有効です。AI等に分析させることで、予想していなかった新たな知見が得られることもあります。
  • ビッグデータには多種多様なデータが含まれるので、画像、動画、音声などのマルチメディアコンテンツも分析対象となります。
  • センサネットワークから日々得られる情報なども分析対象となります。最新だと新型コロナに伴う人流の分析などもその一つです。
  • ブログやSNSの書込み等の非構造化データも分析対象となります。
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop