ITパスポート令和3年春期 問35

問35

ある製造業では,後工程から前工程への生産指示や,前工程から後工程への部品を引き渡す際の納品書として,部品の品番などを記録した電子式タグを用いる生産方式を採用している。サプライチェーンや内製におけるジャストインタイム生産方式の一つであるこのような生産方式として,最も適切なものはどれか。
  • かんばん方式
  • クラフト生産方式
  • セル生産方式
  • 見込み生産方式

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

かんばん方式は、工程間の中間在庫の最少化を目的として"かんばん"と呼ばれる生産指示票を使う生産システムで、ジャストインタイム生産方式を実現するために重要な役割を果たす要素です。
35.gif/image-size:480×266
前工程がムダに部品を多く造り、後工程に貯めてしまうという、それまでの非効率な生産性を改善するために、かんばん方式では後工程の部品数が一定数以下になった時点で後工程が前工程から必要分を引き取り、前工程は引き取られた分だけを補充するという「後工程引き取り方式」で生産を行います。このとき後工程から前工程に渡される生産指示票を"かんばん"と呼ぶことから、このような生産方式を"かんばん方式"といいます(現在ではITを利用した"eかんばん"に進化しています)。

したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。かんばん方式は、ジャストインタイム生産方式の重要な構成要素です。
  • クラフト生産方式は、熟練した職人が手間をかけて全部または一部の工程を手工業で生産する方式です。高級時計の製造過程をイメージするといいと思います。
  • セル生産方式は、1人または少数の作業者チームで製品の全組立て工程(および製品検査)を行う形態です。多品種少量の生産に適しています。
  • 見込み生産方式は、生産開始時の需要予測に基づき、見込み数量を生産する方式です。
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop