ITパスポート令和4年春期 問10

問10

特許戦略を策定する上で重要な"特許ポートフォリオ"について述べたものはどれか。
  • 企業が保有や出願している特許を,事業への貢献や特許間のシナジー,今後適用が想定される分野などを分析するためにまとめたもの
  • 技術イノベーションが発生した当初は特許出願が多くなる傾向だが,市場に支配的な製品の出現によって工程イノベーションにシフトし,特許出願が減少すること
  • 自社製品のシェアと市場の成長率を軸にしたマトリックスに,市場における自社や競争相手の位置付けを示したもの
  • 複数の特許権者同士が,それぞれの保有する特許の実施権を相互に許諾すること

分類

ストラテジ系 » 技術戦略マネジメント » 技術開発戦略の立案・技術開発計画

正解

解説

特許ポートフォリオは、組織が保有または出願している特許群を整理してまとめたものです。特許ポートフォリオを分析することで、今後取得すべき特許を明らかにしたり、知的財産戦略に関する意思決定に役立てたりすることができます。

したがって「ア」が適切な記述です。
  • 正しい。特許ポートフォリオの説明です。
  • A-Uモデルというイノベーション理論の説明です。
  • 製品の位置付けですから、PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)の説明です。
  • クロスライセンスの説明です。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop