ITパスポート令和4年春期 問15

問15

業務プロセスを,例示するUMLのアクティビティ図を使ってモデリングしたとき,表現できるものはどれか。

15.gif/image-size:512×249

  • 業務で必要となるコスト
  • 業務で必要となる時間
  • 業務で必要となる成果物の品質指標
  • 業務で必要となる人の役割

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

アクティビティ図は、ビジネスプロセスの流れやプログラムの制御フローのような一連の手続きを可視化できる図で、フローチャートを起源にしています。フローチャートと似た表記法で処理の流れを記述できるほか、処理の分岐やマージ、並行処理のフォークやジョイン、タイマ制御や例外処理なども表現できるようになっています。

アクティビティ図は、アクティビティ(モデリング対象のプロセス)で実行される個々のステップをアクションとして表現します。例えば、"洗車する"というアクティビティがあった場合、洗剤で洗う、水ですすぐ、拭く、乾燥させるなどがアクションとなります(設問の図だと業務a〜cがアクションに該当します)。アクションは、人やシステムが実行する動作、計算、処理などを表すので、選択肢のうち例示のアクティビティ図が表現できるものは「業務で必要となる人の役割」だけです。

したがって「エ」が正解です。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop