ITパスポート令和4年春期 問18

問18

インダストリー4.0から顕著になった取組に関する記述として,最も適切なものはどれか。
  • 顧客ごとに異なる個別仕様の製品の,多様なITによるコスト低減と短納期での提供
  • 蒸気機関という動力を獲得したことによる,軽工業における,手作業による製品の生産から,工場制機械工業による生産への移行
  • 製造工程のコンピュータ制御に基づく自動化による,大量生産品の更なる低コストでの製造
  • 動力の電力や石油への移行とともに,統計的手法を使った科学的生産管理による,同一規格の製品のベルトコンベア方式での大量生産

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » IoTシステム・組込みシステム

正解

解説

インダストリー4.0(第4次産業革命)は、主に製造業において、IoTやAIの利活用により飛躍的に産業構造が変革し、生産性の向上や効率化が図られることです。水力・蒸気機関による機械製造設備が導入された第1次産業革命、石油と電力による大量生産が始まった第2次産業革命、IT技術による第3次産業革命に続く歴史的な変化として位置付けられています(参考:平成30年情報通信白書)。
18.gif/image-size:534×314
  • 正しい。インダストリー4.0(第4次産業革命)で可能になる取組として、大量生産並みの生産性を保ちながらオーダメイドの製品作りを行うマス・カスタマイゼーションがあります。
  • 第1次産業革命の特徴です。
  • 第3次産業革命の特徴です。
  • 第2次産業革命の特徴です。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop