ITパスポート令和4年春期 問17

問17

BYODの事例として,適切なものはどれか。

  • 会社から貸与されたスマートフォンを業務中に私的に使用する。
  • 会社から貸与されたスマートフォンを業務で使用する。
  • 会社が利用を許可した私物のスマートフォンを業務で使用する。
  • 私物のスマートフォンを業務中に私的に使用する。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

BYOD(Bring Your Own Device)は、従業員が個人的に所有するPCやスマートフォンなどの情報端末を職場に持ち込み、組織の承認の下でそれを業務に使用することを表す言葉です。企業側はBYODを導入することで、これまで従業員に支給していた情報機器を調達コストや通信費を削減できるなどのメリットがありますが、管理が不十分な端末を業務に使用することになるので情報漏えいやマルウェア感染などのセキュリティリスクは増加します。

BYODは「従業員が所有する情報端末」を「会社の業務に使用する」ことなので、「ウ」が適切な説明です。
  • 会社から貸与されたIT機器を使用しているためBYODではありません。
  • 会社から貸与されたIT機器を使用しているためBYODではありません。
  • 正しい。
  • 業務ではなく、私的目的に使用しているためBYODではありません。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop