ITパスポート令和4年春期 問22

問22

SCMシステムを構築する目的はどれか。
  • 企業のもっている現在の強み,弱みを評価し,その弱みを補完するために,どの企業と提携すればよいかを決定する。
  • 商品の生産から消費に関係する部門や企業の間で,商品の生産,在庫,販売などの情報を相互に共有して管理することによって,商品の流通在庫の削減や顧客満足の向上を図る。
  • 顧客に提供する価値が調達,開発,製造,販売,サービスといった一連の企業活動のどこで生み出されているのかを明確化する。
  • 多種類の製品を生産及び販売している企業が,利益を最大化するために,最も効率的・効果的となる製品の製造・販売の組合せを決定する。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営管理システム

正解

解説

SCM(Supply Chain Management)は、生産・在庫・購買・販売・物流などのすべての情報をリアルタイムに共有し、一元管理することによって、生産から販売に至る一連の流れ全体(サプライチェーン)の効率を大幅に向上させることを目指す経営手法です。SCMシステムの導入により納期短縮在庫削減といった効果が期待できます。
  • 企業の強みと弱みを分析するとあるので、SWOT分析や3C分析に関する説明です。
  • 正しい。生産から消費までの情報を共有して、モノや情報の流れを最適化することにより、在庫削減や納期短縮といった効果を目指すのがSCMシステムです。
  • バリューチェーン分析に関する説明です。
  • PPM分析に関する説明です。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop