ITパスポート令和4年春期 問29

問29

マネーロンダリングの対策に関する記述として,最も適切なものはどれか。
  • 金融取引に当たり,口座開設時の取引目的や本人確認を徹底し,資金の出所が疑わしい取引かどうかを監視する。
  • 紙幣の印刷に当たり,コピー機では再現困難な文字や線,傾けることによって絵が浮かび上がるホログラムなどの技術を用いて,複製を困難にする。
  • 税金の徴収に当たり,外国にある子会社の利益を本国の親会社に配当されたものとみなして,本国で課税する。
  • 投資に当たり,安全性や収益性などの特徴が異なる複数の金融商品を組み合わせることによって,一つの事象によって損失が大きくなるリスクを抑える。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » e-ビジネス

正解

解説

マネーロンダリングとは、金融犯罪や麻薬取引、組織犯罪など違法な取引によって得たお金を、架空口座を転々とさせたり入出金を繰返し行うことによりその出所や真の所有者が分からないようにし、あたかも正当な手段で得た資金であるかのように見せかける行為です。ロンダリング(laundering)には「洗濯」という意味があります。汚れたお金(money)を洗濯(laundering)してきれいにする行為なので「マネーロンダリング」というわけです。

特に金融機関等はマネーロンダリングに悪用されやすいため、マネーロンダリングやテロ資金供与の防止対策として犯罪収益移転防止法が定められ、預貯金口座の開設や大口現金取引、クレジットカード契約の締結等などの一定の取引を行う際には、本人確認や取引目的、職業や事業内容などの確認とその記録が義務付けられています。

したがって、口座開設時に取引時確認を行っている「ア」がマネーロンダリングの対策に該当します。
  • 正しい。マネーロンダリング対策に関する記述です。
  • 偽造防止記述に関する記述です。
  • タックスヘイブン税制に関する説明です。
  • 分散投資のためのポートフォリオに関する記述です。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop