初級シスアド 平成21年春期 問20

問20

Javaアプレットに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。
  • クライアントにアドインとして組み込んで実行する。
  • サーバからダウンロードしてクライアントで実行する。
  • サーバ側にあるHTML文書と連携しながら処理を行う。
  • ソースプログラムは,コンパイルせずに実行できる。

分類

テクノロジ系 » マルチメディア » マルチメディア技術

正解

解説

Javaアプレットは、インターネットサイトにアクセスしたときにサーバから閲覧者のコンピュータに送信され、HTMLと同時にWebブラウザに読み込まれて実行されるプログラムで、Webブラウザに拡張機能を与えます。ポイントはクライアント側で実行されるプログラムということです。
アプレットとは対照的にサーバ側で実行されるプログラムをサーブレットと言います。
  • JavaアプレットはJavaで記述されたプログラムです。アプリケーションに機能を追加するアドイン(プラグイン)とは種類が異なります。
  • 正しい。
  • Javaサーブレットなどのサーバ上で実行するプログラムの説明です。
  • Javaアプレットはコンパイル済みの実行ファイル形式でダウンロードされます。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop