初級シスアド 平成21年春期 問29

問29

入力画面の設計方針として、適切なものはどれか。
  • 画面の操作性を向上させるために、関連する入力項目は隣接するように配置する。
  • 初心者でも操作が容易になるように、コマンド入力方式を採用する。
  • 入力の誤りに対するエラーメッセージは、"入力が誤っています"に統一する。
  • 利用者の操作が容易になるように、入力画面には詳細な使用方法を表示する。

分類

テクノロジ系 » ヒューマンインタフェース » インタフェース設計

正解

解説

  • 正しい。関連項目を近くに配置するだけでなく、入力部品の配置はユーザの操作手順にも配慮すると効果的です。
  • コマンドをキー入力させるより、マウス操作で選択する方式のほうが習得がしやすいです。
  • 同じエラーを繰返さないためにも、どの項目がどのように誤っているのかを知らせるメッセージを表示するようにするのが適切です。
  • 入力画面に煩雑になっていると、ユーザが操作をするのに迷ってしまいます。入力画面には最低限の説明のみとし、詳細な使用方法はマニュアルまたはヘルプボタンとして実装するのが適切です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop