初級シスアド 平成21年春期 問74

問74

MRP(Matedal Requirements Planning)システムを導入すると改善が期待できる場面はどれか。
  • 図面情報が電子ファイルと紙媒体の両方で管理されていて,設計変更履歴が正しく把握できない。
  • 製造に必要な資材及びその必要量に関する情報が複雑で,発注量の算出を誤りやすく,生産に支障を来している。
  • 設計変更が多くて,生産効率が上がらない。
  • 多品種少量生産を行っているので,生産設備の導入費用が増加している。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

MRP(Matedal Requirements Planning)は、日本語では資材所要量計画と呼ばれる生産管理手法の一つです。
資材管理で生産計画をたてる手法で、
  1. 将来どれだけの製品(商品)が販売されるか予測する。
  2. それぞれの製品が組み立てられる時間を逆算する。
  3. 資材表を使い製品を組み立てるのに必要な部品のリストを展開する
  4. 組み立て時間から逆算し、部品を順次注文する。
という手順のもとに資材を管理します。
  • 紙媒体で保存している図面を電子ファイルに移行し、図面管理システムを導入することで改善が可能です。
  • 正しい。MRPシステム導入のメリットです。
  • PLM(Product Lifecycle Management,製品ライフサイクル管理)システム導入のメリットです。
  • セル生産方式の導入が効果的な事例です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop