ITパスポート 平成21年秋期 問32

問32

あるシステムの開発において,システムを24時間連続稼動させることになった。稼働時間について利用部門と取決めを行う工程はどれか。
  • システム結合テスト
  • システムテスト
  • システム要件定義
  • ソフトウェア方針設計

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

システム要件定義は、システムに要求される、機能、性能、信頼性、安全性、システム化範囲、移行要件、構成要件などの事項を取りまとめ、システム要件として文書化する工程です。システム要件は、システム設計の柱となるので利用者部門と共同レビューし、利用者ニーズと適合しているかどうかを評価します。

「稼働時間の取決め」は、システムへの要求事項なのでシステム要件定義で実施します。
  • システム結合テストは、完成したソフトウェア同士を結合してシステムにしてインタフェース部分の確認などを行うテストです。
  • システムテストは、完成したシステムに対して行うテストで、性能及び機能などシステム要件を満たしているかを検証します。
  • 正しい。システム要件定義は、システムに求められる要件を定義する工程です。
  • ソフトウェア方針設計は、ソフトウェアに対する要求事項をソフトウェアコンポーネントに割り振って細分化する工程です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop