ITパスポート平成21年春期 問65

問65

フェールセーフの説明として,適切なものはどれか。
  • 故障や操作ミスが発生しても,安全が保てるようにしておく。
  • 障害が発生した際に,正常な部分だけを動作させ,全体に支障を来さないようにする。
  • 組織内のコンピュータネットワークに外部から侵入されるのを防ぐ。
  • 特定の条件に合致するデータだけをシステムに受け入れる。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

フェールセーフは、システムに不具合や故障が発生したときに、障害の影響範囲を最小限にとどめ、常に安全を最優先して制御を行う設計方針です。

例えば、工場のロボットの動作範囲内に人間が入った場合、ロボットを制御するシステムはセンサで危険を察知し機械を停止します。また、道路信号機は停電や故障したときに両方向とも赤点滅(または黄点滅との組合せ)になるように設計されています。これらがフェールセーフの考え方です。
65.gif/image-size:447×151
  • 正しい。フェールセーフの考え方です。
  • フェールソフトの考え方です。
  • ネットワークからの不正なアクセスを防ぐのはファイアウォールです。
  • 人為的なミスによる障害を防ぐフールプルーフの考え方です。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop