ITパスポート 平成21年春期 問69

問69

PCのプロセッサ内にあるキャッシュメモリの利用目的はどれか。
  • PCへの電力供給が切れた状態でも記憶内容を保持する。
  • 書き換える必要のない情報や,書き換えられては困る情報を記録する。
  • 主記憶とのアクセス時間を見かけ上短縮することによって,CPUの処理効率を高める。
  • 利用者IDやパスワードなどの重要情報や機密情報を記録する。

分類

テクノロジ系 » コンピュータ構成要素 » メモリ

正解

解説

キャッシュメモリとは、CPUと主記憶の間に置かれる高速にアクセスできる記憶装置です。必要なデータがあるとコンピュータはまずキャッシュメモリにデータがあるかを探します。キャッシュメモリにない場合には主記憶上のデータを参照します。最近は1次キャッシュ、2次キャッシュというように複数のキャッシュが搭載されているパソコンがほとんどです。●次というのはデータが探索される順番を表しています。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop