ITパスポート 平成22年秋期 問4

問4

複数のシステム開発ベンダからRFPに基づいた提案を受けた。開発ベンダの選定方法として,最も適切なものはどれか。
  • あらかじめ設定しておいた評価基準を用いて,提案内容を比較して選定する。
  • 開発費用を抑えるために,提案内容によらず開発費用が最も安いベンダを選定する。
  • それぞれのベンダの強みと弱みを,SWOT分析を用いて評価し選定する。
  • ファンクションポイント法を用いて,提案システムの機能を充実度を測定して選定する。

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 調達計画・実施

正解

解説

RFP(Request for Proposal,提案依頼書)は、情報システムの調達を予定している企業・組織が、発注先候補のITベンダに対して具体的なシステム提案をするように求めること、若しくはシステム要件や調達要件を取りまとめた文書を指します。

開発ベンダの選定方法は、RFPを各開発ベンダに提出する前に発注側で定めておきます。この選定基準には提案書の評価基準および要求ごとの重み付けなどが含まれます。発注者は、各ベンダから提出された提案書の内容、能力、その他の考慮すべき要素を、あからじめ設定しておいた評価基準と比較して供給者を選択する流れになります。

したがって「ア」が適切です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop