ITパスポート平成22年春期 問36

問36

合意済みのシステム要件に対し,機能追加となる変更依頼を顧客から受けた。このときの受託側の対応として,適切なものはどれか。
  • 運用設計担当者が,変更を行うかどうかを判断する。
  • 決定権を持つ会議や責任者が,変更を行うかどうかを判断する。
  • 当該顧客の営業担当者が,変更を行うかどうかを判断する。
  • 変更に係るソフトウェアの開発担当者が主体となって,変更を行うかどうかを判断する。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

顧客からのあらゆる変更依頼は、開発プロジェクトに対する変更要求として受理し、決められて手順に則って処理します。特にシステム要件の変更はプロジェクトの範囲、スケジュール、コスト等に大きな影響を及ぼすので、変更を行うかどうかの判断はプロジェクト会議などで十分に検討した上で、受託側の責任者が判断することになります。一度決定されたシステム要件の変更は、小さなものであっても一部の担当者が勝手に判断してはいけません。

したがって「イ」が正解となります。
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop