ITパスポート 平成22年春期 問83

問83

関係データベースにおいて主キーを指定する目的はどれか。
  • 主キーに指定した属性(列)で,複数のレコード(行)を同時に特定できるようにする。
  • 主キーに指定した属性(列)で,レコード(行)を一意に識別できるようにする。
  • 主キーに指定した属性(列)に対し,検索条件を指定できるようにする。
  • 主キーに指定した属性(列)を算術演算の対象として扱えるようにする。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

主キーは属性(列)内で一意(同じ値が存在しない)になるように決められた値で、主キーの値一つに対してそれに対応するレコード(行)が1つ存在するという関係が成り立つようになります。

通常は順番コード、区分コード、桁別コードなどの数値の形式をとり、複数の属性を組み合わせた複合キーの形をとることもあります。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop