ITパスポート平成24年春期 問7

問7

CRMの目的として,適切なものはどれか。
  • 長期的視点から顧客と良好な関係を築いて,収益の拡大を図ること
  • 調達から製造,物流,販売までの複数企業にわたる一連のプロセスを改善し,納期,コストの最適化を図ること
  • 部署別に個別管理されている情報を統合し,一元管理することによって,経営資源の有効活用を図ること
  • 部品表と在庫情報を基に,製品を製造するために必要な資材を,いつ,どれだけ購入すべきかを決定すること

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営管理システム

正解

解説

CRM(Customer Relationship Management)は、顧客満足度を向上させるために、顧客との関係を構築することに重点を置く顧客関係管理の経営手法です。購入からアフターサービスに至るまでの詳細な顧客データベースを活用し、顧客一人一人に合わせたマーケティングを行うことで売上増につながる優良顧客を確保することを目的としています。
大量生産・大量消費を前提としたマスマーケティングの時代から、消費者個別のニーズに合わせたワントゥワンマーケティングの時代へという市場環境の変化により、注目を集めています。
  • 正しい。
  • SCM(Supply Chain Management)の目的です。
  • ERP(Enterprise Resource Planning)の目的です。
  • MRP(Materials Requirements Planning)の目的です。
© 2009-2020 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop