ITパスポート 平成25年秋期 問20

問20

ITを企業の経営戦略の実現に役立てて行くために,情報戦略の立案に当たって留意すべきこととして,最も適切なものはどれか。
  • 経営戦略の立案はトップマネジメントが担い,他方,情報戦略の立案は情報システム部門が担当するものであり,これらは独立して進めていくこと
  • 情報化に当たっては,現行業務の業務機能や業務フローを調査した上で,現行業務のプロセスそのものを,ITを活用して自動化することを目指していくこと
  • 情報化に当たっては,情報システムのあるべき姿を明確にし,情報システムの目的や機能が経営戦略に適合しているかなどを検討すること
  • 情報戦略の立案段階においてシステムの費用として初期コストを評価し,システム運用や保守に関する費用は,運用が開始する時点で改めて評価すること

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 情報システム戦略

正解

解説

  • 情報戦略は、経営要求を受けて立案されるため両者は連動していなければなりません。
  • 現行業務そのままをシステム化するのではなく、新システムを用いて現行業務の問題点を解決するための情報戦略を立案します。
  • 正しい。情報戦略の立案時には、情報戦略が経営戦略を実現するものであるかの検証を行います。
  • 情報戦略の立案段階において、開発・運用・保守などシステムにかかわる総費用と得られる投資効果を明確にします。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop