ITパスポート 平成25年秋期 問34

問34

ソフトウェア開発プロジェクトにおいて,上流工程から順に工程を進めることにする。要件定義,システム設計,詳細設計の工程ごとに完了判定を行い,最後にプログラミングに着手する。このプロジェクトで適用するソフトウェア開発モデルはどれか。
  • ウォータフォールモデル
  • スパイラルモデル
  • 段階的モデル
  • プロトタイピングモデル

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

ウォータフォールモデルは、開発プロジェクトを時系列に「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)に分割し、開発を上流から下流に一方向に進める開発モデルです。
前工程が完了しないと次工程に進まない(設計中にプログラミングを開始するなどの並行作業は行わない)ことで、前工程の成果物の品質を確保し、システム開発の一貫性を保証します。工程管理がしやすいため、大規模なシステム開発に向いていますが、工程の後戻りが生じると大幅な時間のロスが生じるといった欠点があります。
  • 正しい。
  • スパイラルモデルは、一連の開発工程を繰り返しながら開発工程の規模を拡大し、開発コストの増加などのリスクを最小にしつつシステム開発を行う開発モデルです。
  • 段階的モデルは、ユーザの要望を取り入れながら、サブシステムごとにウォーターフォール型の開発プロセスを繰り返して機能を段階的に提供していく開発モデルです。
  • プロトタイピングモデルは、システム開発プロセスの早い段階でシステムの試作品をつくり、ユーザにそのイメージを理解させ、承認を得ながら開発を進めていく開発モデルです。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop