ITパスポート 平成26年春期 問68

問68

図に示す階層構造において,カレントディレクトリが*印のディレクトリであるとき,相対パス指定で ..¥..¥B¥B によって指定したディレクトリと同じディレクトリを絶対パス指定したものはどれか。
68.gif/image-size:372×172
〔ディレクトリ及びファイルの指定方法〕
  • ファイルは,"ディレクトリ名¥ディレクトリ名¥ファイル名"のように,経路上のディレクトリを順に"¥"で区切って並べた後に"¥"とファイル名を指定する。
  • カレントディレクトリは"."で表す。
  • 1階層上のディレクトリは".."で表す。
  • 始まりが"¥"のときは,左端にルートディレクトリが省略されているものとする。
  • 始まりが"¥",".",".."のいずれでもないときは,左端にカレントディレクトリ配下であることを示す".¥"が省略されているものとする。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ファイルシステム

正解

解説

まずカレントディレクトリから"..¥..¥B¥B"で指定されるディレクトリを確認します。

"..¥"が1階層上を表すので、これが2つ連なった"..¥..¥"は2階層上を表しています。*から見て2階層上は下図に示す"¥B"になります。
68_1.gif/image-size:341×160
相対パス指定は、"..¥..¥"に続き"B¥B"なので、このディレクトリ配下の"B¥B"は下図に示すディレクトリになります。
68_2.gif/image-size:360×177
このディレクトリをルートからの絶対パスで表記すると「¥B¥B¥B」になります。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop