ITパスポート 平成26年春期 問95

【問93〜96は中問形式の出題です。中問Cの問題文を読んでから回答してください。】

問95

稟議システムを用いた申請の流れは,通常(1)〜(6)の順番で行われるが,分岐して流れが変わる場合がある。次のうち,流れが変わる処理はどれか。
  • 申請者が申請前に稟議を一時保存する処理
  • 申請者が申請を行った後,同意者が稟議を参照可能とする処理
  • 全ての同意者が同意後に,承認者が稟議を承認可能とする処理
  • 問題があれば差戻しを行う際の処理

分類

テクノロジ系

正解

解説

承認者が差戻しを行った場合、稟議は"申請者が編集可能で再申請できる状態"ので(1)申請前の状態に戻ることになります。

承認をした場合と、差戻しを行った場合で流れが分岐するので「エ」が適切です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop