ITパスポート平成27年春期 問37

問37

ITサービスマネジメントにおけるITサービス継続性管理とは,災害などの発生時にビジネスへの悪影響を最小限にするための活動である。ITサービス継続性管理においてPDCAサイクルのA(Act)に該当するものはどれか。
  • ITサービスを継続するための復旧方法などを定めた復旧計画書を策定する。
  • 災害の発生を想定して,要員に対する定期的な教育や訓練を実施する。
  • 復旧計画の内容についてレビューやテストを実施して検証する。
  • レビューやテストの実施結果に基づいて,必要であれば復旧計画書を見直す。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメント

正解

解説

PDCA(Plan,Do,Check,Act)は、業務プロセスの管理手法の1つで、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(見直し・改善)の4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善していく手法です。PDCAは、各種のマネジメント手法に取り入れられています。
37.gif/image-size:300×220
Plan(計画)
従来の実績や将来の予測などをもとにして計画を作成する。
Do(実行)
計画に沿って業務を行う。
Check(評価)
業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
Act(改善)
計画どおりに実施されていない部分を調べて処置をする。
A(Act)は、Checkの結果をうけて計画に対して継続や見直しなどの措置を行うフェーズなので、「エ」が該当します。
  • P(Plan)に該当します。
  • D(Do)に該当します。
  • C(Check)に該当します。
  • 正しい。A(Act)に該当します。
© 2009-2021 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop