ITパスポート平成27年春期 問77

問77

DBMSにおいて,データへの同時アクセスによる矛盾の発生を防止し,データの一貫性を保つための機能はどれか。
  • 正規化
  • デッドロック
  • 排他制御
  • リストア

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

  • 正規化は、データベースを構築する際にデータの重複や矛盾を排除して、データの整合性と一貫性を図るために行う処理です。
  • デッドロックは、共有資源を使用する2つ以上のプロセスが、互いに相手プロセスが必要とする資源を排他的に使用していて、互いのプロセスが相手が使用している資源の解放を待っている状態です。
    デッドロックが発生すると永遠に待ち状態になってしまうためプロセスの続行ができなくなってしまいます。
  • 正しい。排他制御は、1人のユーザが更新処理を行っている間、他のユーザには更新処理の実行を待たせることで同時に更新処理が実行されることを防ぎ、データの不整合が発生しないように制御する方法です。
  • リストアは、バックアップを使ってデータベースを復旧する操作です。
© 2009-2022 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop