ITパスポート 平成29年秋期 問22

問22

クラウドファンディングの事例として,最も適切なものはどれか。
  • インターネット上の仮想的な記憶領域を利用できるサービスを提供した。
  • インターネットなどを通じて,不特定多数の人から広く寄付を集めた。
  • 曇りや雨が多かったことが原因で発生した損失に対して金銭面での補償を行った。
  • 大量の情報の中から目的に合致した情報を精度高く見つける手法を開発した。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム

正解

解説

クラウドファンディング(Crowdfunding)は、群衆(Crowd)と 資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、インターネットの専用サイトを通じて不特定多数の賛同者から資金を集める仕組みです。寄付型、投資型、購入型などの多様なタイプがあり、起業家やクリエイターが活動資金を調達する場として注目されています。
  • オンラインストレージの事例です。
  • 正しい。クラウドファンディングの事例です。
  • ここでいうクラウド(Crowd)は群衆を表しており、天気の雲(Cloud)・曇り(Cloudy)とは関係ありません。
  • 情報検索技術の事例です。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop