ITパスポート 平成29年春期 問10

問10

PCのオペレーティングシステムを構成するプログラムを知的財産として保護する法律はどれか。
  • 意匠法
  • 回路配置法
  • 実用新案法
  • 著作権法

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

著作権法は、知的財産権の中でも文化・芸術に関するものを対象として、その創作物および創作者の権利を保護するための法律です。情報産業の分野では、プログラムやデータベースなどが著作物に該当し、これらも当然に保護対象になっています。
  • 意匠法は、物の形状や模様、色彩などで表した商品のデザインなどのように、工業上の利用性があり、製品の価値や魅力を高める形状・デザインに対する権利を保護する法律です。
  • 回路配置法は、半導体集積回路の回路素子や導線の配置パターンについて創作者の権利を保護する法律です。
  • 実用新案法は、物品の形状、構造または組み合わせに係る考案のうち発明以外のものを認め、保護する法律です。
  • 正しい。OSもソフトウェアであるため、著作権法で保護されます。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop