ITパスポート 平成29年春期 問18

問18

システム開発において作成されるRFPに記載される情報に関する記述として,最も適切なものはどれか。
  • ITベンダが発注側企業に,開発期間の見積りを示す。
  • ITベンダが発注側企業に,調達条件を示す。
  • 発注側企業がITベンダに,導入システムの概要を示す。
  • 発注側企業がITベンダに,開発体制を示す。

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 調達計画・実施

正解

解説

RFP(Request For Proposal)は、情報システムの調達を予定している企業・組織が発注先候補のITベンダに対して具体的なシステム提案を依頼する文書です。RFPには、委託するシステムへの要求事項や調達要件および制約事項などが盛り込まれます。

一般的なRFPの構成と、記載される主な事項は次の通りです。
1. 概要
開発の目的・目標、抱えている課題、依頼する範囲、予算、スケジュール
2. 提案依頼内容
提案システムの概要・構成、開発体制、成果物一覧、概算費用、運用・保守内容
3. その他
選定スケジュール、評価方針
  • 開発期間の見積りは、RFPへの回答としてITベンダからの提案内容に記載されます。
  • 調達条件は、発注側企業からITベンダに対して伝えられます。
  • 正しい。RFPには開発の概要を記載し、ITベンダに全体像を伝えます。
  • 開発体制は、RFPへの回答としてITベンダからの提案内容に記載されます。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop