ITパスポート 平成29年春期 問4

問4

システムのライフサイクルを,企画プロセス,要件定義プロセス,開発プロセス,運用・保守プロセスに分けたとき,業務を実現させるためのシステムの機能を明らかにするプロセスとして,適切なものはどれか。
  • 企画プロセス
  • 要件定義プロセス
  • 開発プロセス
  • 運用・保守プロセス

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

要件定義プロセスは、システムライフサイクルにおける2番目のプロセスで、利害関係者要求の明確化と制約事項の定義に関わる作業を実施するプロセスです。新たに構築する業務、システムの仕様、及びシステム化の範囲と機能を明確にし、それらをシステム取得者側の利害関係者間で合意することを目的としています。

要件定義プロセスでは、次の3種類の要件を定義します。
業務要件
新しい業務のあり方や運用をまとめた上で、業務上実現すべき要求を取りまとめたもの。業務内容や業務特性、ルール・制約などを定義する。
機能要件
業務要件を実現するために必要となるシステムの機能を取りまとめたもの。データ構造、機能間のデータの流れ、処理手順、帳票の出力形式などを定義する。
非機能要件
業務要件を実現するためにシステムに求められる機能要件以外の要件を取りまとめたもの。品質目標や開発・運用・保守に関する制約条件などを定義する。
設問にある「業務を実現するためのシステムの機能」が機能要件を指すため、要件定義プロセスが正解です。
  • 企画プロセスは、経営事業の目的・目標を達成するために必要とされるシステムに対する基本方針をまとめ、実施計画を得るプロセスです。
  • 正しい。機能要件は要件定義プロセスで定義されます。
  • 開発プロセスは、要求事項をもとに、顧客のニーズに合ったシステムを開発するプロセスです。
  • 運用・保守プロセスは、システムを適切に運用し、必要に応じて修正を実施するプロセスです。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop