ITパスポート 平成29年春期 問6

問6

一連のプロセスにおけるボトルネックの解消などによって,プロセス全体の最適化を図ることを目的とする考え方はどれか。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営管理システム

正解

解説

TOC(Theory Of Constraints)は、工程の流れの中でボトルネック、すなわち制約条件になっている部分を特定し、その部分を重点的に改善することで収益の最大化を図る管理手法です。"Constraints"は制約という意味なので、日本語では「制約条件の理論」と呼ばれています。
  • Customer Relationship Managementの略。顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、顧客との良好な関係を企業活動に有効活用する経営管理手法です。
  • Human Resource Managementの略で、人事資源管理と訳されます。社員を経営上の重要な資源と位置付け、長期的な計画に基づき、戦略的に育成や活用を行おうとする管理手法のことです。
  • Sales Force Automationの略。営業活動にモバイル技術やインターネット技術といったITを活用して、営業の質と効率を高め売上や利益の増加につなげようとする考え方です。
  • 正しい。
© 2009-2019 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop