ITパスポート 平成30年秋期 問12

問12

コンプライアンスに関する事例として,最も適切なものはどれか。
  • 為替の大幅な変動によって,多額の損失が発生した。
  • 規制緩和による市場参入者の増加によって,市場シェアを失った。
  • 原材料の高騰によって,限界利益が大幅に減少した。
  • 品質データの改ざんの発覚によって,当該商品のリコールが発生した。

分類

ストラテジ系 » 法務 » その他の法律・ガイドライン

正解

解説

コンプライアンス(Compliance)とは、企業倫理に基づき、ルール、マニュアル、チェックシステムなどを整備し、法令や社会規範を遵守した企業活動を行うことをいいます。
近年、法令違反による信頼の失墜や、それが波及した法律の厳罰化などが事業継続に大きな影響を与える事例が頻発しているため、法令及びルール違反を徹底して防ぐ企業活動というものが非常に重要視されています。

昨今の日本で度々ニュースになる不正会計や品質データ改ざん事件などは、コンプライアンス意識の欠如が招いた問題と言えます。したがって「エ」が適切です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop