ITパスポート 平成30年秋期 問20

問20

ある製造販売会社の経営戦略の策定において,取引先との協力の下で,"調達から製造,配送及び販売に至る一連のプロセスの最適化"という戦略目標が掲げられた。この戦略目標を実現するために構築する情報システムとして,適切なものはどれか。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営管理システム

正解

解説

SCM(Supply Chain Management)は、原材料の調達から生産、物流、販売に関する一連の情報を、企業内や企業間で共有・管理することで,ビジネスプロセスの全体最適を目指す経営手法です。
SCMシステム導入によって得られる効果として納期短縮や在庫削減などがあります。

したがって「ウ」が正解です。
  • Customer Relationship Managementの略。顧客に関するあらゆる情報を統合管理し、顧客との良好な関係を企業活動に有効活用する経営管理手法です。
  • Point Of Saleの略。販売した情報を単品ごとにリアルタイムで情報システムに取り込む販売店の管理方法です。
  • 正しい。
  • Sales Force Automationの略。モバイル技術やインターネット技術といったITを活用して、営業活動の質と効率を高め売上や利益の増加につなげようとする考え方です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop