ITパスポート 平成30年秋期 問23

問23

Just In Timeの導入によって解決が期待できる課題として,適切なものはどれか。
  • 営業部門の生産性を向上する。
  • 顧客との長期的な関係を構築する。
  • 商品の販売状況を単品単位で把握する。
  • 半製品や部品在庫数を削減する。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 業務プロセス

正解

解説

ジャストインタイム生産方式(JIT:Just In Time)は、必要なものを、必要なときに、必要な量だけ生産することを目的として、全ての工程が後工程からの指示や要求に従って生産を行う方式です。Just In Timeはトヨタ生産方式の代表的な要素です。

JITには、工程間の仕掛品や在庫を削減し生産の無駄を排除する目的があります。したがって「エ」が適切です。
  • SFAシステムの導入によって期待できる効果です。
  • CRMシステムの導入によって期待できる効果です。
  • POSシステムの導入によって期待できる効果です。
  • 正しい。JITの導入によって期待できる効果です。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop