ITパスポート 平成30年秋期 問32

問32

不適切な行為に関する記述a〜cのうち,不正競争防止法で規制されている行為だけを全て挙げたものはどれか。

  1. 営業秘密となっている他社の技術情報を,第三者から不正に入手した。
  2. 会社がライセンス購入したソフトウェアパッケージを,不正に個人のPCにインストールした。
  3. キャンペーン応募者の個人情報を,本人に無断で他の目的に利用した。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

不正競争防止法は、事業者間の公正な競争と国際約束の的確な実施を確保するため、不正競争の防止を目的として設けられた法律です。営業秘密侵害や原産地偽装、コピー商品の販売などを規制しています。
  1. 正しい。不正競争防止法で規制されている行為です。
  2. 誤り。著作権法で規制されている行為です。
  3. 誤り。個人情報保護法で規制されている行為です。
したがって答えは「a」になります。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop