ITパスポート 平成30年秋期 問85

問85

関係データベースで管理している"担当社員"表,"地区"表及び"顧客"表を結合して,A表を得た。結合に用いた"顧客"表はどれか。ここで,下線のうち実線は主キーを,破線は外部キーを表す。
85.gif/image-size:301×161

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

A表には"担当社員"表の属性である"社員名"と"地区"表の属性である"地区名"が含まれています。選択肢の"顧客"表にはこれらの属性が含まれていませんので、A表を作成する際には"顧客"表、"担当社員"表及び"地区"表を結合する必要があります。

関係データベースでは、表同士は主キーと外部キーで関連付けられます。結合操作を行う際には、外部キーと別表の主キーを結合キーに指定して結合するので、外部キーをもっていなければ別表を参照することはできません。このため結合操作を行い、値を取得するためには"顧客"表に"社員コード"と"地区コード"という2つの外部キーを持たせる必要があります。

したがって結合に用いた"顧客"表は「エ」になります。

具体的には、3つの表を結合した後、顧客コード、顧客名、社員名、地区名、代表者氏名という4つの列を射影演算によって抽出することでA表となります。
85_1.gif/image-size:446×305
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop