ITパスポート 平成30年秋期 問96

問96

無線LANで利用されている周波数帯の2.4GHz帯,5GHz帯に関する記述として,適切なものはどれか。
  • 2.4GHz帯と5GHz帯は,同じ室内では同時に使用できない。
  • 2.4GHz帯は,5GHz帯と比べると障害物に強く電波が届きやすい。
  • 2.4GHz帯はWPA2の時号化通信に対応しているが,5GHz帯は対応していない。
  • 2.4GHz帯は家電製品の電波干渉を受けないが,5GHz帯は電波干渉を受ける。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

  • 同じ室内で同時に使用できます。
  • 正しい。2.4GHz帯は、壁や床などの障害物に強く、電波が遠くまで届きやすい特徴があります。
  • どちらもWPA2の暗号化通信に対応しています。
  • 2.4GHz帯は無線免許不要で利用できるため、電子レンジやコードレス電話などの多くの機器で使用されています。したがって記述とは逆に、2.4GHz帯はその電波干渉を受けますが、5GHz帯は家電製品の電波干渉を受けません。
© 2009-2018 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop